FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ややこしい話

民法と戸籍法から

養子縁組すると、その日から血族間と同一の親族関係が生まれます。
養子は養親の嫡出子としての身分を取得するともいいます。

しかし、子がいる者を養子とする場合は、その養子となる者だけが先述した親族関係を得ることができます。
つまりは、養親は養子の子とは血族間と同一の親族関係にないことになります。

養子縁組した養子がその後、子を産んだ場合、養親と養子の子は親族関係にあります。
親族が産んだ子供ですので。


それから派生し、
ある方が亡くなって相続が開始された場合、その被相続人(亡くなった方)の子が先に亡くなっていた場合、亡くなっている子の子(被相続人からみて孫)が相続することを代襲相続といいますが、

養親よりも養子が先に亡くなっていたとき、養親の相続が開始された場合、

→ 養子縁組の日よりも養子の子の出生日が先であったときは、養子の子は代襲相続できない。

→ 養子縁組の日よりも養子の子の出生日が後のときは、養子の子は代襲相続できる。

というようなことがおこります。
これは、いろんな試験にもでますし、実務上においても気をつけたい事由です。

さらに思考すると、養親と養子の子との関係から、縁組の日と養子の子の出生日の前後により、養子の子から親の実親の戸籍証明は取れても、養親のほうの戸籍が取得できるかどうかが分かれます。

戸籍法では、その戸籍に記載されている者又はその配偶者、直系尊属もしくは直系卑属でなければ基本的に戸籍の交付を請求できないことになっていますので。

我々も含め、職務上戸籍をとることができる業種がありますが、依頼された内容によって踏み込んで取れるものかどうか判断が要求されることもあります。
上記のような事由で、養子の子から依頼された場合、気をつけなければいけません。


なぜ、このようなことを書いているのか。
それはまさに今そのような局面に立たされているので。
あぶないあぶない。


ちなみに、調べている最中、今の業務と関係はないのですが、「え!」と思ったことをひとつ。

孫を養子としている場合、祖父が亡くなったとき、孫は相続において親を代襲もしますし、養子としての相続分も重複して相続するそうです。

祖父と縁組していたとき、親が先に亡くなっていて、祖父の相続が開始したときには、これまた注意することが必要ですね。


スポンサーサイト
.18 2011 未分類 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://goshoso.blog106.fc2.com/tb.php/159-ecd4802a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。